40代50代 ヒーリング スピリチュアルスポット
 
パワースポット 明治神宮
 
明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。内・外苑一帯にわたって鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は、神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本、365種の人工林で、面積は70万平方メートルもあります。初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られる明治神宮ですが、最近はパワースポットとしても人気が高い神社です。
明治神宮を設営する場所として選ばれた代々木御料地付近は、元々は森がない荒地であった。そのため、神社設営のために人工林を作ることが必要となり、造園に関する一流の学者らが集められた。
こうして集められた明治神宮造営局の技師らは1921年(大正10年)に「明治神宮御境内 林苑計画」を作成。当初、多様な樹種を多層に植栽することで、年月を経て、およそ100年後には広葉樹を中心とした極相林に到達するという、手入れや施肥など皆無で永遠の森が形成されることを科学的に予測され実行された。いわば、これが造園科学的な植栽計画の嚆矢であって日本における近代造園学の創始とされている。(by Wikipedia)

100年の計画とは壮大ですね!

広い参道を包む緑がとても気持ちよく、空気が違うように感じます。渋谷区にありながらも都会であることを忘れてしまう木々に囲まれた大自然。ちょっと遠くまで来た気分になります。
明治神宮内のパワースポットとして代表的なのが夫婦楠です。夫婦円満・家内安全の象徴といわれており、ここから本殿までもパワーがあるといわれているそうです。

明治神宮は失恋の悲しみが癒されるというご利益があるとも!?

明治神宮御苑
明治神宮御苑(通称、神宮御苑)は江戸時代から大名下屋敷の庭園として使われ、明治時代に宮内省の所轄となり、代々木御苑と呼ばれて、明治天皇、昭憲皇太后が行かれたゆかりの深い名苑です。苑内には隔雲亭、お釣台、あずまや、菖蒲田、清正井などがある。菖蒲田のハナショウブ(花菖蒲)は明治天皇が昭憲皇太后のために植えさせられたといわれています。
 
戦国の武将、加藤清正が掘ったとされる井戸「清正井」が最近では人気で、平日でも何時間も行列ができていたようですが、少し落ち着きましたね。並ばずにたどり着きましたよ。空気が澄んでいてとても清々しく、気持ちまで洗われるような雰囲気でした。
 
大都会の真ん中のパワースポット。広い参道を包む緑がとても気持ちよく、空気が違うように感じます。渋谷区にありながらも都会であることを忘れてしまう木々に囲まれた大自然。もうすぐお正月で初詣で行かれる方も多いと思いますが、ゆっくり歩く明治神宮はまたひと味違いますよ。ぜひゆっくりと訪ねてみては?
   
明治神宮  
住所: 東京都渋谷区代々木神園町1-1
問合: 03-3379-5511(代表)
アクセス: JR山手線「原宿」駅「代々木」駅
小田急線「参宮橋」駅
東京メトロ千代田線・ 副都心線 「明治神宮前」駅
都営地下鉄大江戸線「代々木」駅
東京メトロ副都心線「北参道」駅
webサイト: http://www.meijijingu.or.jp/
 
バックナンバー
パワースポット特集 バックナンバー
1: スピリチュアル 伊勢神宮
2: 金運上昇''縁結びの社'として有名な「箱根神社」
3: パワースポット 明治神宮
4: スピリチュアルスポット フィンドホーン